本文へ移動

沿革

沿革

昭和22年 1月
栃木義徳が桐生市浜松町に新光鍍金工業所を設立
銅、ニッケル、クロムめっき開始
昭和26年 1月
株式会社新光鍍金工業所に改称
資本金200万円
昭和35年10月
新工場を落成
硬質クロームめっき、亜鉛めっき開始
昭和45年 5月
株式会社新光鍍金に改称
資本金500万円
昭和46年 7月
事業拡大に伴い桐生市相生町2丁目1087に相生工場落成
資本金800万円
亜鉛めっき部門を移転
昭和46年 9月
資本金900万円
昭和47年10月
相生工場に硬質クロムめっき移転
昭和50年 9月
資本金1800万円
昭和55年 1月
栃木利雄が代表取締役に就任
昭和63年 1月
資本金2340万円
昭和63年 7月
浜松工場を閉鎖し、相生工場を本社工場に改める
平成13年 7月
事務所新築
平成16年 6月
ISO9001:2000年版認証取得
平成19年 1月
㈱リコーグループ化学物質管理システム(CMS)認証制度合格
平成20年 4月
手付けライン更新
平成22年 1月
廃水公害防止設備更新
平成22年 3月
ISO9001:2008認証取得
平成23年 2月
群馬県ものづくり展示商談会に出展
平成23年 6月
第15回機械技術要素展に出展
平成24年 2月
群馬県ものづくり展示商談会に出展
平成24年 9月
CO2削減のため都市ガス振興センターの補助事業により都市ガスボイラーを設置
平成25年 1月
全国鍍金工業組合連合会より環境整備優良事業所に認定
平成25年 3月
ISO9001認証機関を変更
硬質クロムめっき休止
TOPへ戻る